囲碁におけるモンテカルロ法

囲碁におけるモンテカルロ法

天頂の囲碁や銀星囲碁に使われているモンテカルロ法って一体なんでしょうか?
分かりやすく解説してみようと思います!

囲碁におけるモンテカルロ法記事一覧

モンテカルロ法について

モンテカルロ法というのは・・・乱数を使ってシミュレーション(囲碁ではプレイアウト/poと呼ぶ)を行い、統計によって近似的に答えを求めるための方法です。名前の由来はF1やカジノで有名なモナコ公国における最大の都市【モンテカルロ】から来ているそうです。US Air Force Academy タグ・ホイ...

≫続きを読む

コンピュータ囲碁とモンテカルロ法

囲碁でモンテカルロ法を使うというのはどういうことか説明します。次のような九路番があったとします。次の黒番の可能手というのは9×9=81手から既に置かれている4手を差し引いた【77種類の手】が存在します。本当のモンテカルロ法というのは全77手に対して計算するのですが・・・参考までに3つに限定してお話を...

≫続きを読む

コンピュータ囲碁が強くなった理由

違う記事にてお話しましたがモンテカルロ法の囲碁への応用は1993年にB.Brugmann氏よって提案されていました。Crazy Stoneそこから10年以上経過した2006年…CrazyStoneというモンテカルロ法をベースにした強い囲碁プログラムがいるぞ!?という噂が…その強さは本物で2006年...

≫続きを読む

多腕バンディット問題とUCB

多腕バンディット問題というと頭が痛くなりそうなので…簡単に解説します。簡単に言うとスロットマシンが複数台あった時にどのマシンが一番報酬が多いのかを探る方法です。

≫続きを読む

UCT探索

多腕バンディット問題に使用したUCBというものを探索として使用したものがUCTと言います。

≫続きを読む

学習によるシミュレーションの改良

通常のモンテカルロ法というのは乱数を用いるものでした。乱数を乱数ではなく「擬似乱数」にしてやることでシミュレーションの精度が向上し、結果が良くなります。

≫続きを読む

並列化

並列化というのは僕があまり詳しくないので少しだけ書きます(^^;)例えば、同じスペックのマシンが1台ある…同じスペックのマシンが10台ある…どっちがより強いプログラムを作れそうですか?といった感じです。単純にマシンが10台あれば10倍の計算が行えますので、強くなるということです。(本当はUCT探索木...

≫続きを読む

定石データベースや詰碁探索

モンテカルロが流行る以前は…定石やパターンのデータベースを使用して、相手がこう打ってきたらこう返す!というのを決めたりしていました。

≫続きを読む


logo logo logo